Nakajima Lab

Department of Anatomy

Keio University School of Medicine

35 Shinanomachi, Shinjuku-ku, Tokyo

160-8582, Japan

Tel +81-3-5363-3743    Fax +81-3-5379-1977

© 2017 by Y.M.

Oral Presentations   since 2002

 主な口頭発表 

 10/30/2019  Last updated 

2020

仲嶋一範

“Novel migration mode in the developing cerebral cortex (発生期大脳皮質における新しい細胞移動様式の発見)” (oral, invited)

Chinese Association for Physiological Sciences (CAPS) - The Physiological Society of Japan (PSJ) Joint Symposium:“Cutting edge of cell fate determination and migration in the developing cerebral cortex” (Chairs: Chiaki Ohtaka-Maruyama and Qin Shen)

第97回日本生理学会大会、別府国際コンベンションセンター ビーコンプラザ(大分県別府市)、2020年3月17-19日

2019

仲嶋一範

“大脳皮質の形成機構” (oral, invited)

山口大学医学部解剖学特別講義(山口県宇部市)、2019年12月20日

本田岳夫、仲嶋一範

“CRISPR/Cas9によるゲノム編集によりHAタグラベルしたDab1発現マウスの解析 (Analysis of HA-tagged-Dab1-expressing mice created by CRISPR/Cas9-mediated genome editing)”(poster)

第42回日本分子生物学会年会、福岡国際会議場・マリンメッセ福岡(福岡県福岡市)、2019年12月3-6日

本田岳夫、仲嶋一範

“CRISPR/Cas9を用いたゲノム編集によりHAタグラベルしたDab1発現マウスの開発” (poster)

第54回TOKYOニューロサイエンス研究会、慶應義塾大学信濃町キャンパス(東京都新宿区)、2019年11月9日

 

北澤 彩子、 シン ミンギョン、 林 周宏、 大石 康二、久保 健一郎、 仲嶋 一範

“発生期の海馬と大脳新皮質における神経細胞の放射状グリア線維依存的な移動様式の違いについての解析” (poster)

第54回TOKYOニューロサイエンス研究会、慶應義塾大学信濃町キャンパス(東京都新宿区)、2019年11月9日

仲嶋一範

“大脳皮質の形成機構” (oral, invited)

東京慈恵会医科大学大学院「脳神経科学研究法概論」(東京都港区)、2019年11月8日

Kazunori Nakajima

“‘Erratic’ cell migration in the developing mouse cerebral cortex” (oral, invited)

20th TMIMS International Symposium “The principle of neocortical development and evolution”, Tokyo Metropolitan Institute of Medical Science (Setagaya-ku, Tokyo), 2019年7月30日

Yuki Hirota and Kazunori Nakajima

"How does Reelin signaling control the termination of neuronal migration?" (poster)

20th TMIMS International Symposium “The principle of neocortical development and evolution”, Tokyo Metropolitan Institute of Medical Science (Setagaya-ku, Tokyo), 2019年7月30日

林 周宏 、井上聖香、仲尾信彦、久保健一郎、安達泰治、仲嶋一範

“分泌性糖タンパク質ReelinによるN-cadherinの制御機構  (Extracellular glycoprotein, Reelin regulates N-cadherin trafficking during cortical development)”(poster)

第42回日本神経科学大会・第62回日本神経化学会大会合同大会(Neuro2019)、朱鷺メッセ(新潟県新潟市)、2019年7月25-28日

田畑秀典、八谷剛史、下田耕治、林周宏、永田浩一、榊原康文、仲嶋一範

“幹細胞性を司る遺伝子の転写活性によるヒト脳巨大化への役割  (Possible role of transcriptional activity of a stemness gene for acquisition of a huge brain in humans)”(poster)

第42回日本神経科学大会・第62回日本神経化学会大会合同大会(Neuro2019)、朱鷺メッセ(新潟県新潟市)、2019年7月25-28日

廣田ゆき、仲嶋一範

“大脳皮質発生におけるニューロン移動停止の制御機構  (How do migrating neurons terminate the migration during neocortical development?)”(poster)

第42回日本神経科学大会・第62回日本神経化学会大会合同大会(Neuro2019)、朱鷺メッセ(新潟県新潟市)、2019年7月25-28日

本田岳夫、仲嶋一範

“CRISPR/Cas9によるゲノム編集によりHAタグラベルしたDab1発現マウスの開発  (Development of HA-tagged-Dab1-expressing mouse using CRISPR/Cas9-mediated genome editing)”(poster)

第42回日本神経科学大会・第62回日本神経化学会大会合同大会(Neuro2019)、朱鷺メッセ(新潟県新潟市)、2019年7月25-28日

大石康二、仲嶋一範

“皮質下投射ニューロンの分化決定における転写制御機構  (Reciprocal interaction of transcription factors to specify the identity of subcortical projection neurons)”(oral)

第42回日本神経科学大会・第62回日本神経化学会大会合同大会(Neuro2019)、朱鷺メッセ(新潟県新潟市)、2019年7月25-28日

北澤彩子、シン ミンギョン、林周宏、久保健一郎、仲嶋一範

“マウス海馬CA1と大脳新皮質錐体細胞の放射状グリア線維依存的な移動様式の違いについての解析 (Examination of the differences in the radial glia-dependent migratory behaviors between hippocampal CA1 neurons and neocortical neurons during mouse brain development)”(poster)

第42回日本神経科学大会・第62回日本神経化学会大会合同大会(Neuro2019)、朱鷺メッセ(新潟県新潟市)、2019年7月25-28日

Minkyung Shin, Ayako Kitazawa, Satoshi Yoshinaga, Kanehiro Hayashi, Colette Dehay, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima

“Clustering of neurons within the outermost region of the developing mammalian neocortex: primitive neuronal clusters” (poster)

11th Neurodevelopmental Biology Section of the Korean Society for Molecular and Cellular Biology (KSMCB), Chuncheon Bears Hotel, Chuncheon (Republic of Korea), 2019年6月13-14日

Kazunori Nakajima

“Neuronal migration and layer formation in the developing cerebral neocortex” (oral, invited)  website 

EMBO Workshop “Emerging Concepts of the Neuronal Cytoskeleton 5th Edition”, Hotel Enjoy Park Lake, Villarrica (Chile), 2019年4月14-18日

久保健一郎、シン ミンギョン、北澤彩子、吉永怜史、林周宏、仲嶋一範

“発生中の大脳新皮質において辺縁帯直下に認める比較的未成熟な神経細胞の凝集構造についての知見 (Findings on primitive neuronal clusters formed beneath the marginal zone of the developing mammalian neocortices) ” (oral)

第124回日本解剖学会総会・全国学術集会、朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター(新潟県新潟市)、2019年3月27-29日

 

北澤彩子、シン ミンギョン、林周宏、久保健一郎、仲嶋一範

“異所移植による発生期のマウス海馬CA1及び大脳新皮質の移動についての解析” (poster)

第124回日本解剖学会総会・全国学術集会、朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター(新潟県新潟市)、2019年3月27-29日

廣田ゆき、仲嶋一範

“リーリンシグナルによるニューロン移動停止制御機構” (oral)

第124回日本解剖学会総会・全国学術集会、朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター(新潟県新潟市)、2019年3月27-29日

Satoshi Yoshinaga, Minkyun Shin, Ayako Kitazawa, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima

“FlashTag technology reveals areal differences in neuronal migration and positioning in the cerebral cortex of developing mice” (poster)

第124回日本解剖学会総会・全国学術集会、朱鷺メッセ新潟コンベンションセンター(新潟県新潟市)、2019年3月27-29日

Kazunori Nakajima

“Neuronal migration and layer formation in the developing cerebral neocortex” (oral, invited)  website 

Brain Malformations: A Roadmap for Future Phenotyping and Research, Weizmann Institute of Science, Rehovot (Israel), 2019年3月17-20日

 

2018

Seika Inoue, Kanehiro Hayashi, Kyota Fujita, Kazuhiko Tagawa, Hitoshi Okazawa, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima

“Drebrin-like (Dbnl) controls neuronal migration via regulating N-cadherin expression in the developing mouse cerebral neocortex” (poster)

2018 The American Society for Cell Biology (ASCB) Annual Meeting, San Diego Convention Center, San Diego, California (U.S.A.), 2018年12月8-12日

仲嶋一範

“大脳皮質層構造の形成機構” (oral, invited)

名古屋大学医学部神経解剖学特別講義、名古屋市(愛知県)、2018年12月14日

仲嶋一範

“大脳新皮質の形成機構” (oral, invited)

名古屋大学大学院医学系研究科医学特論、名古屋市(愛知県)、2018年12月14日

大石康二、仲嶋一範

“未成熟・成熟大脳皮質ニューロンにおけるサブタイプ転換(Fate Conversion of Subtypes in Immature and Mature Cortical Neurons)”
ワークショップ: “脳発生プログラムの複雑化と、その進化”(オーガナイザー:水谷健一、丸山千秋)

第41回日本分子生物学会年会、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)、2018年11月28-30日

廣田ゆき、仲嶋一範

“リーリンシグナルによるニューロン移動停止制御機構(How does Reelin signaling control the termination of neuronal migration?)” (invited)

ワークショップ: “多細胞生物の発生における細胞接着・移動”(オーガナイザー:松井貴輝、坂根亜由子)

第41回日本分子生物学会年会、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)、2018年11月28-30日

本田岳夫、仲嶋一範

“Cas9を用いたゲノム編集技術によって高感度タグラベルされたDab1の大脳新皮質神経細胞における細胞内局在の解析”(poster)

第41回日本分子生物学会年会、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)、2018年11月28-30日

吉永怜史、シン ミンギョン、北澤彩子、久保健一郎、仲嶋一範(Satoshi Yoshinaga, Minkyun Shin, Ayako Kitazawa, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima)

“マウス大脳皮質発生における、ニューロン移動の領域差の個体発生的解析(Ontogenetic analyses of areal differences in neuronal migration in the cerebral cortex of developing mice)”(poster)

第41回日本分子生物学会年会、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)、2018年11月28-30日

田畑秀典、八谷剛史、下田耕治、林周宏、永田浩一、榊原康文、仲嶋一範

“大脳皮質神経細胞の産生調節機構と、その進化 〜マウスとヒトのゲノム配列を用いた機能解析(Regulation of cortical neuron production, and its evolution ~ Functional analyses using mouse and human genome sequences)” (poster)

ワークショップ: “脳発生プログラムの複雑化と、その進化”(オーガナイザー:水谷健一、丸山千秋)

第41回日本分子生物学会年会、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)、2018年11月28-30日

久保健一郎、出口貴美子、ハズラ デバブラタ、吉永怜史、井上健、仲嶋一範

“超早産児虚血性脳障害モデルマウスの解析と治療戦略” (oral, invited)

日本新生児生育医学会・学術集会サテライトセミナー 超早産児神経発達症研究会、都市センターホテル(東京都千代田区)、2018年11月22−24日

Debabrata Hazra, Satoshi Yoshinaga, Keitaro Yoshida, Kenji F. Tanaka, Kimiko Deguchi,Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima

“Optogenetic induction of neural synchronization in the mouse medial prefrontal cortex” (poster)

Society for Neuroscience, Neuroscience 2018 meeting, San Diego Convention Center, San Diego, California (U.S.A.), 2018年11月3-7日

本田岳夫、仲嶋一範

“Reelin-Dab1シグナルによる大脳新皮質Layer1形成の制御機構” (poster)

第53回TOKYOニューロサイエンス研究会、慶應義塾大学信濃町キャンパス(東京都新宿区)、2018年10月27日

井上聖香、林周宏、藤田慶大、田川一彦、岡澤均、久保健一郎、仲嶋一範

“Drebrin-like (Dbnl) controls neuronal migration through regulating N-cadherin expression in the developing mouse cerebral cortex”(poster)

第53回TOKYOニューロサイエンス研究会、慶應義塾大学信濃町キャンパス(東京都新宿区)、2018年10月27日

廣田ゆき、仲嶋一範

“大脳皮質発生におけるリーリンシグナルの機能” (invited, oral)

2018年度生理学研究所研究会 「神経発達・再生研究会」、名古屋市立大学(愛知県名古屋市)、2018年10月17-18日

北澤 彩子、シン ミンギョン、林 周宏、久保 健一郎、仲嶋 一範

“発生期のマウス大脳新皮質及び海馬CA1における細胞移動様式についての解析”(poster)

第27回 海馬と高次脳機能学会、東京医科大学新宿キャンパス(東京都新宿区)、2018年9月29−30日

久保健一郎、出口貴美子、石井一裕、井上健、仲嶋一範

“神経発達症モデルマウスの作成とその神経回路の解析”(invited, oral)

2018年度生理学研究所研究会 「情動の神経回路機構とその破綻」、自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)、2018年9月18−19日

 

Kazunori Nakajima
“Reelin function in the developing cerebral neocortex” (invited)
Symposium: “Brain Development and Mental Disorder” (Chair: Norio Ozaki and Kazunori Nakajima)
World Federation of the Societies of Biological Psychiatry (WFSBP) Asia Pacific Regional Congress of Biological Psychiatry (WFSBP 2018 KOBE), The Kobe Chamber of Commerce and Industry, Kobe (Japan), 2018年9月7-9日

Kanehiro Hayashi, Nobuhiko Nakao, Seika Inoue, Taiji Adachi, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima

“Reelin controls N-cadherin-dependent neuronal adhesion by a couple of mechanisms in the developing mouse cortex”(poster)

第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会(大会長:仲嶋一範)合同年会、神戸国際会議場(兵庫県神戸市)、2018年9月6-8日

Yuki Hirota, Kazunori Nakajima

“How does Reelin signaling control the termination of neuronal migration?” (oral)

第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会(大会長:仲嶋一範)合同年会、神戸国際会議場(兵庫県神戸市)、2018年9月6-8日

Seika Inoue, Kanehiro Hayashi, Kyota Fujita, Kazuhiko Tagawa, Hitoshi Okazawa, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima

“Reelin-DBNL signaling regulates neuronal migration via N-cadherin/α-N-catenin complex in the intermediate zone and multipolar cell accumulation zone of the developing mouse cerebral neocortex” (oral)

第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会(大会長:仲嶋一範)合同年会、神戸国際会議場(兵庫県神戸市)、2018年9月6-8日

Minkyung Shin, Ayako Kitazawa, Satoshi Yoshinaga, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima

“Structural view of radial glial cells in the developing mouse neocortex” (oral)

第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会(大会長:仲嶋一範)合同年会、神戸国際会議場(兵庫県神戸市)、2018年9月6-8日

Hidenori Tabata, Megumi Sasaki, Yutaka Inaguma, Hidenori Ito, Kanehiro Hayashi, Hirohide Takebayashi, Masatsugu Ema, Kazuhiro Ikenaka, Koh-ichi Nagata, and Kazunori Nakajima

“Astrocyte progenitors require blood vessels for their proper migration and positioning within the cerebral gray matter” (oral)

第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会(大会長:仲嶋一範)合同年会、神戸国際会議場(兵庫県神戸市)、2018年9月6-8日

Takao Honda and Kazunori Nakajima

“Analysis of subcellular distribution of Dab1 in cerebral neocortical excitatory neurons using highly sensitive tagging by genome editing”(poster)

第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会(大会長:仲嶋一範)合同年会、神戸国際会議場(兵庫県神戸市)、2018年9月6-8日

Debabrata Hazra, Satoshi Yoshinaga, Keitaro Yoshida, Kenji F. Tanaka, Kimiko Deguchi, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima

“Optogenetic modulation of neural synchronization in the mouse prefrontal cortex by using in utero electroporation” (oral)

第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会(大会長:仲嶋一範)合同年会、神戸国際会議場(兵庫県神戸市)、2018年9月6-8日

Koji Oishi and Kazunori Nakajima

“Subtype specification and reprogramming of cortical neurons in progenitor cells and postmitotic immature neurons” (oral)

Symposium: “Mechanisms of neuronal production and differentiation in the cerebral cortex” (Chair: Ryoichiro Kageyama and Kazunori Nakajima)

第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会(大会長:仲嶋一範)合同年会、神戸国際会議場(兵庫県神戸市)、2018年9月6-8日

河野孝夫、牧野誠、石井圭介、廣田ゆき、本田岳夫、仲嶋一範、服部光治
“リーリンと新規結合分子との結合は、大脳皮質浅層神経細胞の樹状突起発達に必要である(The interaction between Reelin and its novel binding protein is required for dendrite development of cortical upper-layer neurons.)” (poster)
第41回日本神経科学大会、神戸コンベンションセンター(兵庫県神戸市)、2018年7月26-29日

本田岳夫、仲嶋一範

“CRISPR/Cas9により高感度タグラベルしたDab1の大脳新皮質神経細胞における細胞内分布の解析 (Analysis of subcellular distribution of CRISPR/Cas9-mediated highly sensitive tagged-Dab1 in cerebral neocortical neurons)” (poster)

第41回日本神経科学大会、神戸コンベンションセンター(兵庫県神戸市)、2018年7月26-29日

Kimiko Deguchi, Ken-ichiro Kubo, Ken Inoue, and Kazunori Nakajima

“Pathogenesis of neurodevelopmental disorders in extremely preterm infants”  (poster)

11th FENS Forum of Neuroscience, CityCube Berlin, Berlin, (Germany), 2018年7月7-11日

林周宏、井上聖香、久保健一郎、仲嶋一範

“発生期哺乳類大脳皮質における神経細胞移動は癌細胞の間葉上皮転換と同じ仕組みを持つか?” (poster)

第37回分子病理学研究会はがくれシンポジウム、佐賀大学鍋島キャンパス(佐賀県鍋島)、2018年7月7-8日

Eiki Kimura, Ken-ichiro Kubo, Toshihiro Endo, Wenting Ling, Kazunori Nakajima, Masaki Kakeyama, and Chiharu Tohyama

“AhR Activation Impairs Neuronal Growth in Mice” (poster)

68th Lindau Nobel Laureate Meeting, Lindau Inselhalle, Lindau, (Germany), 2018年6月24-29日

Koji Oishi and Kazunori Nakajima
“In vivo reprogramming of postmitotic neocortical neurons into different neuronal subtypes” (oral)
Symposium: “Developmental Biology in Stem Cell Research and Regenerative Medicine” (Chair: Hideyuki Okano and Kiyokazu Agata)
第70回日本細胞生物学会・第51回日本発生生物学会合同大会(Asia-Pacific Developmental Biology Network共催)、タワーホール船堀(東京都江戸川区)、2018年6月5-8日

Hironobu Okuno,Francois Renault Mihara, Shigeki Ohta, Kimiko Fukuda, Kenji Kurosawa, Wado Akamatsu, Tsukasa Sanosaka, Jun Kohyama, Kanehiro Hayashi, Kazunori Nakajima, Takao Takahashi, Joanna Wysocka, Kenjiro Kosaki, and Hideyuki Okano
“In vitro and in vivo cell dynamics analysis of iPSC-derived neural crest cells from CHARGE patients harboring CHD7 mutations reveals deficit in delamination, migration and motility of CHARGE syndrome” (oral)
Symposium: “Developmental Biology in Stem Cell Research and Regenerative Medicine” (Chair: Hideyuki Okano and Kiyokazu Agata)
第70回日本細胞生物学会・第51回日本発生生物学会合同大会(Asia-Pacific Developmental Biology Network共催)、タワーホール船堀(東京都江戸川区)、2018年6月5-8日

Kazunori Nakajima
“Neuronal layer formation during mouse neocortical development” (invited) 
website 
Cortical Evolution Conference 2018, Conference Center of the Canary Islands, Las Palmas de Gran Canaria (Spain)、2018年6月4-6日

Kimiko Deguchi, Ken-ichiro Kubo, Ken Inoue, and Kazunori Nakajima

“Pathophysiology of neuronal network damage in the mouse model of extremely preterm infants” (oral)

第60回日本小児神経学会学術集会、幕張メッセ国際会議場(千葉県千葉市)、2018年5月31日-6月2日

 

Ken-ichiro Kubo, Kimiko Deguchi, Ken Inoue, and Kazunori Nakajima

“Association of altered neuronal migration with cognitive deficits in a newly established mouse model of extremely preterm infants with brain injuries” (invited, oral)

LKC Medicine Neuroscience Seminar, Lee Kong Chian School of Medicine Novena Campus, Nanyang Technological University (Singapore), 2018年5月23日

 

Yuki Hirota, Ken-ichiro Kubo, Takahiro Fujino, Tokuo T. Yamamoto, and Kazunori Nakajima

“ApoER2 controls not only neuronal migration but also termination of migration in the developing cerebral cortex” (poster)

22nd Biennial Meeting of the International Society for Developmental Neuroscience (ISDN2018), Nara Kasugano International Forum, Nara (Japan), 2018年5月22-25日

Koji Oishi and Kazunori Nakajima
“Subtype specification of cortical neurons by the extracellular environment” (poster)

22nd Biennial Meeting of the International Society for Developmental Neuroscience (ISDN2018), Nara Kasugano International Forum, Nara (Japan), 2018年5月22-25日

Takao Honda and Kazunori Nakajima

“Haploinsufficiency of dab1 causes upward shift and invasion of superficial-layer neurons into the cortical layer I and splitting of the CA1 pyramidal cell layer” (poster)

22nd Biennial Meeting of the International Society for Developmental Neuroscience (ISDN2018), Nara Kasugano International Forum, Nara (Japan), 2018年5月22-25日

 

Kazunori Nakajima

“Control of neuronal layer formation during cerebral cortical development” (invited)  website 
Symposium: “Cell migration and layer formation in the developing cerebral cortex” (Chair: Kazunori Nakajima)

22nd Biennial Meeting of the International Society for Developmental Neuroscience (ISDN2018), Nara Kasugano International Forum, Nara (Japan), 2018年5月22-25日

Kimiko Deguchi, Ken-ichiro Kubo, Ken Inoue, and Kazunori Nakajima

“Neuronal network damage in  mouse model of extremely preterm infants with brain injury” (poster)

22nd Biennial Meeting of the International Society for Developmental Neuroscience (ISDN2018), Nara Kasugano International Forum, Nara (Japan), 2018年5月22-25日

 

出口貴美子、久保健一郎、井上健、仲嶋一範

“超早産児における神経発達症の新たな知見と治療戦略” (oral)

 分野別シンポジウム5 “新生児分野で臨床応用が期待される基礎研究”

第121回日本小児科学会学術集会、福岡国際会議場(福岡県福岡市)、2018年4月20-22日

 

仲嶋一範

“特別講演:大脳皮質層構造の形成機構” (oral, invited)
第39回Neuroscience Seminar Tokushima、徳島大学藤井節郎ホール(徳島県徳島市)、2018年3月12日

 

仲嶋一範
“大脳皮質神経細胞による層形成機構” (oral, invited)
シンポジウム:“脳・神経形成のメカニズム:細胞から回路・組織構築まで” (オーガナイザー:小川覚之、竹田扇)
第123回日本解剖学会総会・全国学術集会、日本医科大学武蔵境校舎・日本獣医生命科学大学(東京都武蔵野市)、2018年3月28-30日

Ken-ichiro Kubo, Kimiko Deguchi, Debabrata Hazra, Satoshi Yoshinaga, Ayako Kitazawa, Minkyung Shin, Keitaro Yoshida, Kenji F. Tanaka, Ken Inoue, and Kazunori Nakajima

“Improvement of cognitive deficits observed in a mouse model of extremely preterm infants with brain injuries” (oral)
第123回日本解剖学会総会・全国学術集会、日本医科大学武蔵境校舎・日本獣医生命科学大学(東京都武蔵野市)、2018年3月28-30日

Takao Honda and Kazunori Nakajima

“Dab1 haploinsufficiency causes invasion of superficial cortical neurons into layer I and splitting of CA1 pyramidal cell layer” (poster)

第123回日本解剖学会総会・全国学術集会、日本医科大学武蔵境校舎・日本獣医生命科学大学(東京都武蔵野市)、2018年3月28-30日

廣田 ゆき、鶴重 千加子、味岡 逸樹、仲嶋 一範

"Kelchリピート蛋白質Enc1の大脳新皮質発生における発現と機能" (poster)

第123回日本解剖学会総会・全国学術集会、日本医科大学武蔵境校舎・日本獣医生命科学大学(東京都武蔵野市)、2018年3月28-30日

Satoshi Yoshinaga, Minkyun Shin, Ayako Kitazawa, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima

"FlashTag technology reveals areal differences in neuronal migration in the cerebral cortex of developing mice" (poster)

第123回日本解剖学会総会・全国学術集会、日本医科大学武蔵境校舎・日本獣医生命科学大学(東京都武蔵野市)、2018年3月28-30日

Debabrata Hazra, Satoshi Yoshinaga, Keitaro Yoshida, Kenji F. Tanaka, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima

“Optogenetic modulation of the neural oscillation in the mouse medial prefronal cortex” (oral)

第123回日本解剖学会総会・全国学術集会、日本医科大学武蔵境校舎・日本獣医生命科学大学(東京都武蔵野市)、2018年3月28-30日

2017

Ayako Kitazawa, Minkyung Shin, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima

“Region-dependent differences in the migratory capacity of hippocampal CA1 and neocortical neurons during brain development” (poster)
次世代脳プロジェクト 2017年度冬のシンポジウム、一橋大学 一橋講堂 学術総合センター (東京都千代田区)、2017年12月20-23日

Satoshi Yoshinaga, Minkyun Shin, Ayako Kitazawa, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima

“Areal differences in neuronal migration in the developing cerebral cortex” (poster)
次世代脳プロジェクト 2017年度冬のシンポジウム、一橋大学 一橋講堂 学術総合センター (東京都千代田区)、2017年12月20-23日

 

本田岳夫、仲嶋一範
“dab1のハプロ不全は表層神経細胞の大脳皮質第一層への侵入とCA1錐体細胞層の分離を引き起こす(Haploinsufficiency of dab1 causes invasion of superficial-layer neurons into the cortical layer I and splitting of the CA1 pyramidal cell layer)” (poster)
2017年度生命科学系学会合同年次大会(第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会)、神戸ポートアイランド(兵庫県神戸市)、2017年12月6-9日

 

林周宏、井上聖香、久保健一郎、仲嶋一範
“マウス大脳新皮質形成におけるreelin-Nck2シグナルの役割” (poster)
2017年度生命科学系学会合同年次大会(第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会)、神戸ポートアイランド(兵庫県神戸市)、2017年12月6-9日

 

Gen Shiihashi, Daisuke Ito, Itaru Arai, Yuki Kobayashi, Kanehiro Hayashi, Shintaro Otsuka, Kazunori Nakajima, Michisuke Yuzaki, Shigeyoshi Itohara, and Norihiro Suzuki
“A novel ALS/FTD model mouse expressing cytoplasmic mutant FUS leads neurodegeneration via synaptic disruption” (poster)
Society for Neuroscience, Neuroscience 2017 meeting, Walter E. Washington Convention Center, Washington, D.C. (U.S.A.), 2017年11月11-15日

 

Ken-ichiro Kubo, Kimiko Deguchi, Taku Nagai, Ayako Kitazawa, Keitaro Yoshida, Wei Shan, Michihiko Aramaki, Kazuhiro Ishii, Minkyung Shin, Yuki Matsunaga, Kanehiro Hayashi, Kenji F. Tanaka, Sachio Takashima, Masahiro Nakayama, Masayuki Itoh, Yukio Hirata, Barbara Antalffy, Dawna D. Armstrong, Kiyofumi Yamada, Ken Inoue, and Kazunori Nakajima
“Analysis of cortical development in a newly established mouse model of extremely preterm infants with brain injuries” (poster)
Society for Neuroscience, Neuroscience 2017 meeting, Walter E. Washington Convention Center, Washington, D.C. (U.S.A.), 2017年11月11-15日

久保健一郎、出口貴美子、永井拓、シャン ウェイ、北澤彩子、荒巻道彦、石井一裕、シン ミンギョン、高嶋幸男、中山雅弘、伊藤雅之、アンタルフィ バーバラ、アームストロング ダーナ、山田清文、井上健、仲嶋一範
“超早産児に生じる脳障害のマウスモデル作成の試み” (poster)
第52回TOKYOニューロサイエンス研究会、慶應義塾大学信濃町キャンパス(東京都新宿区)、2017年10月28日

吉永怜史、シンミンギョン、北澤彩子、久保健一郎、仲嶋一範

“種々の胎生時期と大脳皮質領域における神経細胞移動の可視化” (poster)

第52回TOKYOニューロサイエンス研究会、慶應義塾大学信濃町キャンパス(東京都新宿区)、2017年10月28日

出口貴美子、久保健一郎、仲嶋一範、井上健
“超早産児の神経病理の特徴” (oral)
超早産児発達神経症研究班キックオフ会、大宮ソニックシティ(埼玉県大宮市)、2017年10月13日

久保健一郎、出口貴美子、北澤彩子、井上健、仲嶋一範 
“超早産児の脳障害マウスモデルの作成と解析” (oral)
超早産児発達神経症研究班キックオフ会、大宮ソニックシティ(埼玉県大宮市)、2017年10月13日

 

久保健一郎、出口貴美子、石井一裕、井上健、仲嶋一範
マウスにおける神経発達障害モデルの作成とその解析 (Establishment and investigation of mouse models of neurodevelopmental disorders)
シンポジウム:“発達早期の要因による神経発達障害の形成メカニズムとその治療法開発〜動物実験からRCTまで〜” (オーガナイザー:山末英典、掛山正心)
第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会合同年会、札幌コンベンションセンター(北海道札幌市)、2017年9月28−30日

 

Gen Shiihashi, Daisuke Ito, Itaru Arai, Yuki Kobayashi, Kanehiro Hayashi, Shintaro Otsuka, Kazunori Nakajima, Michisuke Yuzaki, Shigeyoshi Itohara, and Norihiro Suzuki

“A novel ALS/FTD model mouse expressing cytoplasmic mutant FUS leads neurodegeneration via dendritic homeostasis disruption.”(selected as Best Research Paper) (oral)
XXII World Congress of Neurology (第23回世界神経学会議)/第58回日本神経学会学術大会、国立京都国際会館(京都府京都市)、2017年9月16−21日

 

Ayako Kitazawa, Minkyung Shin, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima(北澤彩子、シン ミンギョン、林周宏、久保健一郎、仲嶋一範)
“Region-dependent differences in the migratory capacity of hippocampal CA1 and neocortical neurons during brain development” (poster)
第60回日本神経化学会大会、仙台国際センター (宮城県仙台市)、2017年9月7-9日

 

Ken-ichiro Kubo, Kimiko Deguchi, Kazuhiro Ishii, Ken Inoue, and Kazunori Nakajima (久保健一郎、出口貴美子、石井一裕、井上健、仲嶋一範)
“Investigation of cytological architectures in the brains of newly established mouse models with cognitive impairments (認知機能障害を伴うマウスモデルの作成とその脳における細胞構築の解析)” (oral)
第60回日本神経化学会大会、仙台国際センター (宮城県仙台市)、2017年9月7-9日

 

Takao Honda and Kazunori Nakajima (本田岳夫、仲嶋一範)
“Dab1 haploinsufficiency causes reduction of layer I thickness and splitting of CA1 pyramidal cell layer” (poster)
第60回日本神経化学会大会、仙台国際センター (宮城県仙台市)、2017年9月7-9日

 

Seika Inoue, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima (井上聖香、林周宏、久保健一郎、仲嶋一範)
“Molecular mechanisms of neuronal aggregation caused by Reelin in the developing mouse neocortex” (poster)
第60回日本神経化学会大会、仙台国際センター (宮城県仙台市)、2017年9月7-9日

 

Yuki Hirota, Chikako Kudo-Tsurushige, Itsuki Ajioka, and Kazunori Nakajima (廣田ゆき、鶴重千加子、味岡逸樹、仲嶋一範)
“Enc1 controls neuronal migration and differentiation of excitatory neurons in the developing neocortex” (poster)
第60回日本神経化学会大会、仙台国際センター (宮城県仙台市)、2017年9月7-9日

 

Kanehiro Hayashi, Seika Inoue, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima (林周宏、井上聖香、久保健一郎、仲嶋一範)
“The Role of Nck as a downstream effector of the Reelin signaling” (poster)
第60回日本神経化学会大会、仙台国際センター (宮城県仙台市)、2017年9月7-9日

Kazunori Nakajima
“Neuronal layer specification during development of the cerebral cortex” (invited)
Symposium: “Cortical development” (organizers: Chong-Hyun Kim and Seunghee Lee)
Korean Society for Brain and Neural Science (KSBNS), 20th Annual Meeting, Grand Hilton Seoul, Seoul (Korea), 2017年8月30-31日

Koji Oishi, Kazunori Nakajima, and Francois Guillemot
“Temporal control of Foxp2 expression by Neurogenin and Polycomb repressive complexes regulates specification of cortico-thalamic neurons” (oral)
第40回日本神経科学大会、幕張メッセ(千葉県幕張市)、2017年7月20-23日

 

Minkyung Shin, Ayako Kitazawa, Yuki Matsunaga, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima 
“Structural analyses of radial glial fibers in the developing reeler neocortex” (poster)
第40回日本神経科学大会、幕張メッセ(千葉県幕張市)、2017年7月20-23日

 

Satoshi Yoshinaga, Minkyun Shin, Ayako Kitazawa, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima
“Visualization of neuronal migration and morphology in the entire cerebral cortex of developing mice (マウス大脳皮質全般にわたる神経細胞移動とその形態の可視化)” (poster)
第40回日本神経科学大会、幕張メッセ(千葉県幕張市)、2017年7月20-23日


Takao Honda and Kazunori Nakajima
“Dab1 haploinsufficiency causes superficial shift of later-born cortical neuron positioning and splitting of the CA1 pyramidal cell layer (Dab1のハプロ不全は大脳新皮質遅生まれニューロンの脳表層側配置と海馬CA1錐体細胞層の分離を引き起こす)” (poster)
第40回日本神経科学大会、幕張メッセ(千葉県幕張市)、2017年7月20-23日


Ken-ichiro Kubo, Kimiko Deguchi, Taku Nagai, Keitaro Yoshida, Wei Shan, Ayako Kitazawa, Michihiko Aramaki, Kazuhiro Ishii, Shin Minkyung, Kenji F. Tanaka, Sachio Takashima, Masahiro Nakayama, Masayuki Itoh, Yukio Hirata, Barbara Antalffy, Dawna D. Armstrong, Kiyofumi Yamada, Ken Inoue, and Kazunori Nakajima
“Establishment of a mouse model of extremely preterm infants with brain injuries and analysis of neuronal migration (脳障害を伴う超早産児マウスモデルの確立と神経細胞移動の解析)”(oral)
第40回日本神経科学大会、幕張メッセ(千葉県幕張市)、2017年7月20-23日


Yuki Hirota, Chikako Kudo-Tsurushige, Itsuki Ajioka, and Kazunori Nakajima
“Enc1 controls migration and differentiation of excitatory neurons in the developing neocortex”(oral)
第40回日本神経科学大会、幕張メッセ(千葉県幕張市)、2017年7月20-23日

 

Kimiko Deguchi, Ken-ichiro Kubo, Kazunori Nakajima, and Ken Inoue
“Abnormal neuronal migration with ischemic brain injuries in extremely preterm infants underlies subsequent cognitive impairment” (oral)
12th European Paediatric Neurology Society (EPNS) Congress, Lyon Conference Center, Lyon (France) 2017年6月20-24日


Seika Inoue, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima
“Molecular mechanisms of Reelin-induced neuronal aggregation in the developing mouse neocortex” (poster)
18th International Congress of Developmental Biology (ISDB), National University of Singapore (Singapore), 2017年6月18-22日

 

Kimiko Deguchi, Ken-ichiro Kubo, Kazunori Nakajima, and Ken Inoue
“Mechanisms underlying the cognitive impairment in extremely preterm infants” (oral)
第59回日本小児神経学会学術集会、大阪国際会議場 (大阪府大阪市)、2017年6月15-17日

 

大石康二、仲嶋一範
“未成熟な大脳皮質ニューロンにおけるサブタイプ決定” (oral, invited)
シンポジウム: “時間による発生制御のメカニズム”(オーガナイザー:岸雄介、永樂元次)
第69回日本細胞生物学会大会、仙台国際センター(宮城県仙台市)、2017年6月13-15日

 

久保健一郎、仲嶋一範
“大脳皮質構造の形成機構とその変化によって生じる病態” (oral)
平成29年度研究会「神経科学の新しい解析法とその応用」「グリア細胞機能から迫る脳機能解明」、ホテルシーパレスリゾート(愛知県豊橋市)、 2017年5月26-27日


Yuki Hirota, Ken-ichiro Kubo, Takahiro Fujino, Tokuo T. Yamamoto, and Kazunori Nakajima
“ApoER2 controls not only neuronal migration but also termination of migration in the developing cerebral cortex” (poster)
Cortical Development Conference 2017, Mediterranean Agronomic Institute of Chania (MAICh) , Chania, Crete (Greece), 2017年5月17-20日


Satoshi Yoshinaga, Minkyun Shin, Ayako Kitazawa, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima
“Areal differences in neuronal migration in the cerebral cortex of developing mice” (poster)
Cortical Development Conference 2017, Mediterranean Agronomic Institute of Chania (MAICh) , Chania, Crete (Greece), 2017年5月17-20日


Koji Oishi, Kazunori Nakajima, and Francois Guillemot
“Temporal control of cortico-thalamic neuron specification by regulation of Neurogenin activity and Polycomb repressive complexes (皮質視床投射ニューロンの時期特異的な産生は転写因子NeurogeninとPolycomb抑制複合体によって制御される)” (oral)
第50回日本発生生物学会大会(Asia-Pacific Developmental Biology Network共催)、タワーホール船堀(東京都江戸川区)、2017年5月10-13日


Kazunori Nakajima
“Neuronal layer formation during cerebral cortical development” (oral, invited)
KBRI Special Seminar, Korea Brain Research Institute, Daegu (South Korea), 2017年4月28日

 

Gen Shiihashi, Daisuke Ito, Yuki Kobayashi, Shigeyoshi Itohara, Kanehiro Hayashi, Kazunori Nakajima, Shintaro Otsuka, Michisuke Yuzaki, and Norihiro Suzuki
“Novel ALS/FTD model mice expressed cytoplasmic FUS in a toxic gain-of-function manner” (oral)
The 13th International Conference on Alzheimer’s and Parkinson’s Diseases, Austria Centre, Vienna, Autria, 2017年3月29日-4月2日

 

廣田ゆき、久保健一郎、藤野貴広、山本徳男、仲嶋一範
“リーリン受容体ApoER2による大脳皮質ニューロン移動と停止の制御機構” (oral)
第122回日本解剖学会総会・全国学術集会、長崎大学坂本キャンパス、長崎市(長崎県)、2017年3月28-30日

 

吉永怜史、北澤彩子、シン ミンギョン、久保健一郎、仲嶋一範
“哺乳類大脳皮質発生における神経細胞移動の領野別検討” (poster)
第122回日本解剖学会総会・全国学術集会、長崎大学坂本キャンパス、長崎市(長崎県)、2017年3月28-30日

 

久保健一郎、出口貴美子、北澤彩子、石井一裕、シン ミンギョン、高嶋幸男、中山雅弘、伊藤雅之、井上健、仲嶋一範
“超早産児脳障害のモデルマウス脳における組織構築の解析” (oral)
第122回日本解剖学会総会・全国学術集会、長崎大学坂本キャンパス、長崎市(長崎県)、2017年3月28-30日

 

Minkyung Shin, Ayako Kitazawa, Yuki Matsunaga, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima
“Molecular and morphological analyses of radial glial fibers during mouse neocortical development (発生期のマウス大脳皮質における放射状グリア線維についての分子的・形態的解析)” (poster)
第10回神経発生討論会、秋保リゾートホテルクレセント、仙台市(宮城県)、2017年3月10-11日

 

Kazunori Nakajima
“Neuronal layer formation during development of the cerebral cortex”(oral, invited)
NUS-KEIO JOINT SCIENTIFIC SYMPOSIUM “Frontiers of Translational Medicine –From Cradle to Ageing”, National University of Singapore, Singapore, 2017年1月10-11日

2016

Seika Inoue, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima
“Investigation of the molecular mechanisms underlying Reelin-induced neuronal aggregation in the mouse neocortex”(poster)
2016 The American Society for Cell Biology (ASCB) Annual Meeting, Moscone Center, San Francisco, California, U.S.A., 2016年12月3-7日

 

Kei-ichi Katayama, Kanehiro Hayashi, Kazushige Sakaguchi, and Kazunori Nakajima
“Enhanced expression of Pafah1b causes overmigration of cerebral cortical neurons into the marginal zone” (poster)
第39回日本分子生物学会年会、パシフィコ横浜、横浜市(神奈川県)、2016年11月30日-12月2日

 

大石康二、仲嶋一範, Francois Guillemot
“大脳皮質ニューロンのサブタイプ決定におけるポリコーム抑制複合体の役割” (poster)
第39回日本分子生物学会年会、パシフィコ横浜、横浜市(神奈川県)、2016年11月30日-12月2日

 

Kazunori Nakajima
“Specification of neuronal layer identity during neocortical development”
シンポジウム: “神経細胞の誕生と初期神経回路形成の分子メカニズム(Generation of neuronal subtypes and initial steps of circuit formation)”(オーガナイザー:後藤由季子)
第39回日本分子生物学会年会、パシフィコ横浜、横浜市(神奈川県)、2016年11月30日-12月2日

 

Yuki Hirota, Ken-ichiro Kubo, Takahiro Fujino, Tokuo T. Yamamoto,and Kazunori Nakajima
“ApoER2 controls neuronal migration in the intermediate zone and termination of migration in the developing cerebral cortex” (oral & poster)
The 28th CDB Meeting “Cilia and Centrosomes, Current Advances and Future Directions”, RIKEN CDB, 神戸(兵庫県), 2016年11月27-29日

ハズラ デバブラタ、久保健一郎、仲嶋一範
“子宮内電気穿孔法を用いたマウス脳内神経細胞における活動制御の試み”
日本解剖学会関東支部 第104回学術集会、横浜市立大学八景キャンパスYCUスクウェア、横浜(神奈川県)、2016年11月19日

 

Ken-ichiro Kubo, Kimiko Deguchi, Taku Nagai, Wei Shan, Ayako Kitazawa, Michihiko Aramaki, Kazuhiro Ishii, Shin Minkyung, Sachio Takashima, Masahiro Nakayama, Masayuki Itoh, Barbara Antalffy, Dawna D. Armstrong, Kiyofumi Yamada, Ken Inoue, and Kazunori Nakajima "Why does cognitive impairment frequently develop later in extremely preterm infants?”(poster) Cell Symposia: Big Questions in Neuroscience, Neuroscience 2016 meeting, Paradise Point Resort & Spa,San Diego, California, U.S.A., 2016年11月10-11日

 

Minkyung Shin, Ayako Kitazawa, Yuki Matsunaga, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima.
“Morphological analyses of radial glial cells in the developing mouse neocortex” (poster)
Society for Neuroscience, Neuroscience 2016 meeting, San Diego Convention Center, San Diego, U.S.A., 2016年11月12-16日

 

Hidenori Tabata, Megumi Sasaki, Yutaka Inaguma, Hidenori Ito, Hirohide Takebayashi, Masatsugu Ema, Kazuhiro Ikenaka, Koh-ichi Nagata, and Kazunori Nakajima.
"Erratic migration: a unique migratory behavior of astrocyte progenitors" (poster)
Society for Neuroscience, Neuroscience 2016 meeting, San Diego Convention Center, San Diego, U.S.A., 2016年11月12-16日

 

井上聖香、林周宏、久保健一郎、仲嶋一範
“リーリン分子により形成される神経細胞凝集を制御する分子メカニズム” (poster)
第51回慶應ニューロサイエンス研究会、慶應義塾大学信濃町キャンパス、新宿区(東京都)、2016年10月29日

 

Minkyung Shin, Ayako Kitazawa, Yuki Matsunaga, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima
“Morphological analyses of radial glial fibers in the developing reeler neocortex” (poster)
第51回慶應ニューロサイエンス研究会、慶應義塾大学信濃町キャンパス、新宿区(東京都)、2016年10月29日

 

仲嶋一範
“大脳皮質ニューロンの分化制御機構”(oral)
日本発生生物学会 秋季シンポジウム2016、三島市民文化会館(ゆうゆうホール)、三島(静岡県)、2016年10月19-21日

久保健一郎、出口貴美子、井澤栄一、井上健、仲嶋一範
“環境要因としての虚血ストレスが大脳皮質の発達に与える影響(Effects of ischemic stress on cerebral cortical development)”
シンポジウム:“生体防御・ストレス応答研究の新展開” (オーガナイザー:石井功)
フォーラム2016:衛生薬学・環境トキシコロジー、昭和大学旗の台キャンパス、品川区(東京都)、2016年9月11日

 

林周宏、井上聖香、久保健一郎、仲嶋一範
“Analysis of Reelin-Nck signaling in mouse neocortex”
第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学会大会、福岡国際会議場、福岡(福岡県)、2016年9月8-10日

 

田畑秀典、佐々木恵、稲熊裕、伊東秀記、竹林浩秀、依馬正次、池中一裕、永田浩一、仲嶋一範
“Erratic migration: a unique migratory behavior of astrocyte progenitors”
第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学会大会、福岡国際会議場、福岡(福岡県)、2016年9月8-10日

 

廣田ゆき、鶴重千加子、味岡逸樹、仲嶋一範
“Involvement of Enc1 in neuronal migration and differentiation in the developing neocortex”
第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学会大会、福岡国際会議場、福岡(福岡県)、2016年9月8-10日

 

井上聖香、林周宏、久保健一郎、仲嶋一範
“大脳新皮質においてリーリン分子により誘導される神経細胞凝集を担うシグナル伝達経路の探索”
第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学会大会、福岡国際会議場、福岡(福岡県)、2016年9月8-10日

Kazunori Nakajima
 

“Cell-intrinsic and -extrinsic mechanisms that control the specification of neuronal layer identity during neocortical development”
International Symposium 2016: “Circuit Construction in the Mammalian Brain”, Osaka University, Suita (Osaka), 2016年8月8-9日

 

Koji Oishi, Kazunori Nakajima, and Francois Guillemot
“Subtype specification in cortical layers is regulated both in neural progenitors and postmitotic neurons(大脳皮質における特定の層への分化は神経系前駆細胞と最終分裂後のニューロンの両段階で制御される)”
第39回日本神経科学大会、パシフィコ横浜、横浜(神奈川県)、2016年7月20-22日

 

Seika Inoue, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima
“Investigation of the molecular mechanisms that regulate Reelin-induced neuronal aggregation in the mouse neocortex(大脳新皮質においてリーリン分子により引き起こされる神経細胞凝集のシグナル伝達経路の探索)”(poster)
第39回日本神経科学大会、パシフィコ横浜、横浜(神奈川県)、2016年7月20-22日

 

Kanehiro Hayashi, Seika Inoue, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima
“Function of the Reelin-Nck signaling pathway during mouse neocortical development (マウス大脳新皮質発生におけるReelin-Nckシグナル経路の役割)” (poster)
第39回日本神経科学大会、パシフィコ横浜、横浜(神奈川県)、2016年7月20-22日

 

Yuki Matsunaga, Mariko Noda, Hideki Murakawa, Takashi Miura, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima
“Experiment and modeling of the Reelin-dependent modification of intercellular adhesion among cells from the developing cerebral cortex (数理モデルと培養実験の併用によるリーリン依存的な大脳皮質細胞接着機構の検討)”
第39回日本神経科学大会、パシフィコ横浜、横浜(神奈川県)、2016年7月20-22日

 

Yuki Hirota, Ken-ichiro Kubo, Takahiro Fujino, Tokuo T. Yamamoto, and Kazunori Nakajima
“Roles of ApoER2 in neuronal migration and termination of migration in the developing cerebral cortex(大脳皮質形成におけるApoER2による神経細胞移動とその停止制御)”(oral)
第39回日本神経科学大会、パシフィコ横浜、横浜(神奈川県)、2016年7月20-22日

 

Kazunori Nakajima
“Cell-extrinsic and -intrinsic mechanisms that control the neuronal layer identity in the developing neocortex(細胞外環境と細胞内機構による大脳新皮質ニューロンの層特異的分化制御)”
シンポジウム:“神経発達の分子基盤と精神疾患”(オーガナイザー:貝淵弘三、Orly Reiner)
第39回日本神経科学大会、パシフィコ横浜、横浜(神奈川県)、2016年7月20-22日

 

仲嶋一範
“大脳皮質の形成機構”
九州大学医学部組織学特論、九州大学病院キャンパス基礎研究B棟、福岡市(福岡県)、2016年7月8日

 

仲嶋一範
“環境因子が大脳皮質の発生・発達過程に与える影響”
九州大学精神科・特別セミナー、九州大学病院ウェストウィング棟、福岡市(福岡県)、2016年7月7日

 

仲嶋一範
“大脳皮質層構造の形成機構” 
京都大学医学部解剖学特別講義、京都大学医学部総合解剖センター、京都市(京都府)、2016年6月28日

 

仲嶋一範
“大脳皮質構築のメカニズム”
京都大学大学院医学研究科セミナー、京都大学医学部A棟、京都市(京都府)、2016年6月28日

 

Kimiko Deguchi,Takao Honda, Ken-ichiro Kubo, Kazunori Nakajima,and Ken Inoue
"Reelin coupled with myelin may play a role in long term maintenance of myelin (リーリンは、ミエリンの長期維持の役割を果たしている" (oral) 

第58回日本小児神経学会学術集会、京王プラザホテル新宿、新宿(東京都)、2016年6月3-5日

 

Kimiko Deguchi, Takao Honda, Ken-ichiro Kubo, Kazunori Nakajima, and Ken Inoue
“Reelin coupled with myelin may play a role in long-term maintenance of myelin”(poster)
21st Biennial Meeting of the International Society for Developmental Neuroscience (ISDN2016), Palais des Congrès d’Antibes Juan les Pins, Antibes-Juan les Pins, France, 2016年5月11-14日

 

Koji Oishi, Nao Nakagawa, Kashiko Tachikawa, Shinji Sasaki, Michihiko Aramaki, Shinji Hirano, Nobuhiko Yamamoto, Yumiko Yoshimura, and Kazunori Nakajima (presenter: K. Nakajima)
“Identity of neocortical layer 4 neurons is specified through correct positioning into the cerebral cortex”(poster)
21st Biennial Meeting of the International Society for Developmental Neuroscience (ISDN2016), Palais des Congrès d’Antibes Juan les Pins, Antibes-Juan les Pins, France, 2016年5月11-14日

 

廣田ゆき、久保健一郎、藤野貴広、山本徳男、仲嶋一範
“ApoER2 controls not only neuronal migration but also termination of migration in the developing cerebral cortex” (oral)
第121回日本解剖学会総会・全国学術集会、ビッグパレットふくしま、郡山(福島県)、2016年3月28-30日

 

田畑秀典、佐々木恵、稲熊裕、伊東秀記、竹林浩秀、依馬正次、池中一裕、永田浩一、仲嶋一範
“グリア前駆細胞の移動様式と血管との関連” (oral)
シンポジウム:“形作りのダイナミクスとその制御機構の探索 ~新たな発生原理の解明を目指して” (オーガナイザー:田畑秀典、久保田義顕)
第121回日本解剖学会総会・全国学術集会、ビッグパレットふくしま、郡山(福島県)、2016年3月28-30日

 

仲嶋一範
“大脳皮質ニューロンの移動制御機構” (oral)
シンポジウム:“形作りのダイナミクスとその制御機構の探索 ~新たな発生原理の解明を目指して” (オーガナイザー:田畑秀典、久保田義顕)

第121回日本解剖学会総会・全国学術集会、ビッグパレットふくしま、郡山(福島県)、2016年3月28-30日

 

Seika Inoue, Kanehiro Hayashi, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima
“Analysis of the molecular mechanisms that underlie Reelin-induced neuronal aggregation in the mouse neocortex)” (poster)
第9回神経発生討論会・難治疾患共同研究拠点共同開催学術集会、東京医科歯科大学M&Dタワー鈴木章夫記念講堂、東京、2016年3月18-19日

 

Takao Honda and Kazunori Nakajima
“Analysis of the role of Dab1 nucleo-cytoplasmic transport for migration of excitatory neurons (Dab1の核細胞質間輸送が興奮性神経細胞の移動に果たす役割の解明)” (poster)
第9回神経発生討論会・難治疾患共同研究拠点共同開催学術集会、東京医科歯科大学M&Dタワー鈴木章夫記念講堂、東京、2016年3月18-19日

 

Kazunori Nakajima
“Control of cell migration in the developing cerebral cortex”
Symposium: “Neuroscience III: Mechanisms of cerebral cortical development" (Chair: Kazunori Nakajima, Carlos Ibanez)
7th Asia Pacific International Congress of Anatomists, National University of Singapore, Singapore, 2016年3月17-20日

 

Takao Kohno, Takao Honda, Ken-ichiro Kubo, Yoshimi Nakano, Ayaka Tsuchiya, Tatsuro Murakami, Hideyuki Banno, Kazunori Nakajima, and Mitsuharu Hattori
"C-terminal region of Reelin is required for development and maintenance of the postnatal cerebral cortex and its functions are regulated by
specific proteolysis" (poster)
新学術領域研究「神経細胞の多様性と大脳新皮質の構築」第3回国際シンポジウム「Neocortical Organization 3」、東京大学小柴ホール、東京、2016年2月11-12日

 

Yuki Hirota, Ken-ichiro Kubo, Takahiro Fujino, Tokuo T. Yamamoto, and Kazunori Nakajima
"ApoER2 controls not only neuronal migration but also termination of migration in the developing cerebral cortex" (poster)
新学術領域研究「神経細胞の多様性と大脳新皮質の構築」第3回国際シンポジウム「Neocortical Organization 3」、東京大学小柴ホール、東京、2016年2月11-12日

Hidenori Tabata, Tsuyoshi Hachiya, Koh-ichi Nagata, Yasubumi Sakakibara, and Kazunori Nakajima
"Functional screening of the candidate genes involved in the expansion of the subventricular zone in primates using mouse embryos" (poster)
新学術領域研究「神経細胞の多様性と大脳新皮質の構築」第3回国際シンポジウム「Neocortical Organization 3」、東京大学小柴ホール、東京、2016年2月11-12日

2015

仲嶋一範
“動く細胞たちが脳を作るメカニズム”(oral, invited)
独立行政法人科学技術振興機構グローバルサイエンスキャンパス事業 高校生対象講演、慶應義塾大学信濃町キャンパス、東京、2015年12月26日

 

Yuki Matsunaga, Mariko Noda, Hideki Murakawa, Takashi Miura, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima
“Experiment and modeling of the Reelin-dependent modification of intercellular adhesion among cerebral cortical cells” (poster)
2015 American Society for Cell Biology Annual Meeting, San Diego Convention Center, San Diego, U.S.A., 2015年12月12-16日

 

田畑秀典、佐々木恵、稲熊裕、伊東秀記、竹林浩秀、依馬正次、池中一裕、永田浩一、仲嶋一範
“皮質脳室帯由来グリア前駆細胞のダイナミックな移動様式(Dynamic behavior of glia progenitors derived from the cortical ventricular zone)” (oral)
ワークショップ:“細胞のふるまいの制御から解き明かす大脳皮質形成機構”(オーガナイザー:仲嶋一範、丸山千秋)
第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会(BMB2015)、神戸ポートアイランド、神戸(兵庫県)、2015年12月1-4日

 

仲嶋 一範
“マウス発生期脳において移動ニューロンの進む方向と目的地を制御するメカニズム”
ワークショップ:“細胞のふるまいの制御から解き明かす大脳皮質形成機構”(オーガナイザー:仲嶋一範、丸山千秋)
第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会(BMB2015)、神戸ポートアイランド、神戸(兵庫県)、2015年12月1-4日

 

北澤彩子、シン ミンギョン、林周宏、久保健一郎、仲嶋一範
“発生期のマウス海馬及び大脳新皮質における特異的な細胞移動様式についての解析”(oral & poster)
日本解剖学会関東支部 第103回学術集会(大会長:仲嶋一範)、慶應義塾大学日吉キャンパス、横浜、2015年11月7日

 

本田岳夫、仲嶋一範
“Dab1核細胞質間シャトリングの大脳新皮質層形成における役割の解明”(oral & poster)
日本解剖学会関東支部 第103回学術集会(大会長:仲嶋一範)、慶應義塾大学日吉キャンパス、横浜、2015年11月7日

 

久保健一郎、石井一裕、遠藤俊裕、吉田慶太朗、ベナー聖子、伊藤亨子、相澤秀紀、荒巻道彦、山中章弘、田中光一、高田則雄、田中謙二、三村將、遠山千春、掛山正心、仲嶋一範
“異所性灰白質は離れた脳部位の神経活動に影響を与えて行動の異常を引き起こす”(oral & poster)
日本解剖学会関東支部 第103回学術集会(大会長:仲嶋一範)、慶應義塾大学日吉キャンパス、横浜、2015年11月7日

 

松永友貴、野田万理子、村川秀樹、三浦岳、久保健一郎、仲嶋一範
“大脳皮質神経細胞接着の制御とその数理モデル”(oral & poster)
日本解剖学会関東支部 第103回学術集会(大会長:仲嶋一範)、慶應義塾大学日吉キャンパス、横浜、2015年11月7日

 

本田岳夫、仲嶋一範
“二つの核移行経路による細胞質Dab1量の適切な調節が興奮性神経細胞移動に重要である” (poster)
第50回慶應ニューロサイエンス研究会「システムとしての脳の理解と介入」(オーガナイザー:仲嶋一範、吉田一成)、慶應義塾大学信濃町キャンパス、東京、2015年10月31日


久保健一郎、石井一裕、遠藤俊裕、吉田慶太朗、ベナー聖子、伊藤亨子、相澤秀紀、荒巻道彦、山中章弘、田中光一、高田則雄、田中謙二、三村將、遠山千春、掛山正心、仲嶋一範
“異所性皮質の作成による大脳皮質組織構築変化の病態理解” (poster)
第50回慶應ニューロサイエンス研究会「システムとしての脳の理解と介入」(オーガナイザー:仲嶋一範、吉田一成)、慶應義塾大学信濃町キャンパス、東京、2015年10月31日

 

Kazuhiro Ishii, Ken-ichiro Kubo, Toshihiro Endo, Keitaro Yoshida, Seico Benner, Yukiko Ito, Hidenori Aizawa, Michihiko Aramaki, Akihiro Yamanaka, Kohichi Tanaka, Norio Takata, Kenji F. Tanaka, Masaru Mimura, Chiharu Tohyama, Masaki Kakeyama, and Kazunori Nakajima.
"Neuronal heterotopias affect the activities of distant brain areas and lead to behavioral deficits" (poster)
Society for Neuroscience, Neuroscience 2015 meeting, McCormick Place, Chicago, U.S.A., 2015年10月17-21日

 

Takao Kohno, Takao Honda, Ken-ichiro Kubo, Yoshimi Nakano, Ayaka Tsuchiya, Tatsuro Murakami, Hideyuki Banno, Kazunori Nakajima, and Mitsuharu Hattori.
"Importance of Reelin C-terminal region in the development and maintenance of the postnatal cerebral cortex and its regulation by specific proteolysis “ (poster)
Society for Neuroscience, Neuroscience 2015 meeting, McCormick Place, Chicago, U.S.A., 2015年10月17-21日

 

Ken-ichiro Kubo, Kazuhiro Ishii, Toshihiro Endo, Keitaro Yoshida, Seico Benner, Yukiko Ito, Hidenori Aizawa, Michihiko Aramaki, Akihiro Yamanaka, Kohichi Tanaka, Norio Takata, Kenji F. Tanaka, Masaru Mimura, Chiharu Tohyama, Masaki Kakeyama, and Kazunori Nakajima
“Application of the in utero electroporation technique to the study of the pathological mechanism of focal heterotopias in the brain” (poster)
Cell Symposia: Engineering the Brain – Technologies for Neurobiological Applications, Drake Hotel, Chicago, USA , 2015年10月15-16日

 

Hidenori Tabata, Megumi Sasaki, Yutaka Inaguma, Hidenori Ito, Hirohide Takebayashi, Masatsugu Ema, Kazuhiro Ikenaka, Koh-ichi Nagata, and Kazunori Nakajima(田畑秀典、佐々木恵、稲熊裕、伊東秀記、竹林浩秀、依馬正次、池中一裕、永田浩一、仲嶋一範)
“Interaction between glia and blood vessels during cortical development”(oral)
シンポジウム:“The ins and outs of neuro-vascular interactions”(オーガナイザー:石崎泰樹、澤本和延)
第58回日本神経化学会大会、大宮ソニックシティ、大宮(埼玉県)、2015年9月11-13日

 

Ken-ichiro Kubo, Kazuhiro Ishii, Toshihiro Endo, Keitaro Yoshida, Seico Benner, Yukiko Ito, Hidenori Aizawa, Michihiko Aramaki, Akihiro Yamanaka, Kohichi Tanaka, Norio Takata, Kenji F. Tanaka, Masaru Mimura, Chiharu Tohyama, Masaki Kakeyama, and Kazunori Nakajima(久保健一郎、石井一裕、遠藤俊裕、吉田慶太朗、ベナー聖子、伊藤亨子、相澤秀紀、荒巻道彦、山中章弘、田中光一、高田則雄、田中謙二、 三村將、遠山千春、掛山正心、仲嶋一範)“Analyses of the pathological roles of the altered brain cytoarchitectures with ectopic neurons”(oral)
第58回日本神経化学会大会、大宮ソニックシティ、大宮(埼玉県)、2015年9月11-13日

 

Yuki Matsunaga, Mariko Noda, Hideki Murakawa, Takashi Miura, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima(松永友貴、野田万理子、村川秀樹、三浦岳、久保健一郎、仲嶋一範)
“Modeling and analysis and of intercellular adhesion between cells from the developing cerebral cortex”(神経化学教育口演)(oral)
第58回日本神経化学会大会、大宮ソニックシティ、大宮(埼玉県)、2015年9月11-13日

 

本田岳夫、仲嶋一範
“二つの核移行経路による細胞質Dab1量の適切な調節が大脳皮質ニューロンの移動に重要である(Proper level of cytosolic Disabled-1, which is regulated by dual nuclear translocation pathways, is important for cortical neuronal migration)”(poster)
第38回日本神経科学大会、神戸国際会議場・神戸国際展示場、神戸(兵庫県)、2015年7月28-31日

 

Hidenori Tabata, Megumi Sasaki, Yutaka Inaguma, Hidenori Ito, Hirohide Takebayashi, Masatsugu Ema, Kazuhiro Ikenaka, Koh-ichi Nagata, and Kazunori Nakajima(田畑秀典、佐々木恵、稲熊裕、伊東秀記、竹林浩秀、依馬正次、池中一裕、永田浩一、仲嶋一範)
" Blood vessel-guided cell migration during late cortical plate development (皮質形成後期に見られる血管に沿った細胞移動)" (oral)
第38回日本神経科学大会、神戸国際会議場・神戸国際展示場、神戸(兵庫県)、2015年7月28-31日

 

河野孝夫、本田岳夫、久保健一郎、中野良美、土屋綾香、村上達郎、阪野英幸、仲嶋一範、服部光治
"巨大分泌蛋白質リーリンのC末端領域を介した大脳皮質形成機構" (oral)
第61回日本薬学会東海支部総会・大会、名古屋市立大学、名古屋(愛知県)、2015年7月4日

 

仲嶋一範
"動く細胞による大脳皮質の形成機構"
「神経科学序説」講義、横浜市立大学大学院生命医科学研究科、横浜市(神奈川県)、2015年6月23日

 

Hidenori Tabata, Megumi Sasaki, Yutaka Inaguma, Hidenori Ito, Hirohide Takebayashi, Masatsugu Ema, Kazuhiro Ikenaka, Koh-ichi Nagata, and Kazunori Nakajima (発表者:仲嶋)
"Blood vessel-guided cell migration in the developing cerebral cortex (発生期大脳皮質における血管に沿った細胞移動の解析)"
第48回日本発生生物学会大会、つくば国際会議場、つくば(茨城県)、2015年6月3-5日

 

仲嶋一範
“環境因子が脳の発達や機能に与える影響とその保護”
シンポジウム:“From the bench: Bedsideを見据えた脳発達基礎医科学の新展開”(オーガナイザー:黒田公美、佐藤真)
第57回日本小児神経学会学術集会、帝国ホテル 大阪、大阪(大阪府)、2015年5月28-30日

 

Mai Yamakawa, Daisuke Ito, Takao Honda, Ken-ichiro Kubo, Mariko Noda, and Kazunori Nakajima, and Norihiro Suzuki
“Evidence of a link between TDP-43 and dipeptide repeat protein in c9FTD/ALS”(oral)
ホットトピックス:“運動ニューロン疾患の分子病態・治療法開発の最先端”(オーガナイザー:丸山博文、勝野雅央)
第56回日本神経学会学術大会、朱鷺メッセ、新潟(新潟県)、2015年5月20-23日

 

久保健一郎、石井一裕、仲嶋一範
“統合失調症とGABA作動性神経細胞” (oral, invited)
シンポジウム:“統合失調症のエンドフェノタイプを俯瞰する” (オーガナイザー:橋本亮太)
第10回日本統合失調症学会、都市センターホテル、東京、2015年3月27-28日

 

Kazunori Nakajima
“Cell migration in the developing cerebral cortex”
EMBO Workshop:“Cortical development in health and disease”
Weizmann Institute of Science, Rehovot, Israel, 2015年4月26-29日

 

松永友貴、野田万理子、村川秀樹、三浦岳、久保健一郎、仲嶋一範
“発生期大脳皮質における神経細胞接着制御機構の解析”
第8回神経発生討論会、九州大学 病院キャンパス内 コラボステーションI、福岡(福岡県)、2015年3月19-20日

 

Kazunori Nakajima
“Mechanisms of cerebral corticogenesis by migrating neurons (動く細胞が作る大脳皮質の形成機構)”
シンポジウム:“大脳皮質の発生・発達を問う「生理」と「解剖」の層状連携シンポ”(オーガナイザー:宮田卓樹、大木研一)
第92回日本生理学会大会 第120回日本解剖学会総会・全国学術集会 合同大会、神戸国際会議場・展示場、神戸(兵庫県)、2015年3月21-23日

 

Ken-ichiro Kubo, Kimiko Deguchi, Taku Nagai, Michihiko Aramaki, Kiyofumi Yamada, Ken Inoe, Kazunori Nakajima “Analyses of the effects of embryonic ischemia on brain development (胎児期の虚血が脳の構造と機能に及ぼす影響)” (oral,invited)
シンポジウム:“周産期ストレスと脳機能”(オーガナイザー:鯉淵典之、西真弓)
第92回日本生理学会大会 第120回日本解剖学会総会・全国学術集会 合同大会、神戸国際会議場・展示場、神戸(兵庫県)、2015年3月21-23日

 

仲嶋一範
“動く細胞が見せる大脳皮質層形成のメカニズム”
九州大学大学院医学研究院生体制御学講座系統解剖学分野セミナー
九州大学病院キャンパス、福岡(福岡県)、2015年3月18日

 

Yuki Hirota, Ken-ichiro Kubo, Kei-ichi Katayama, Takao Honda, Takahiro Fujino, Tokuo T. Yamamoto, and Kazunori Nakajima
“Distinct localization patterns of Reelin receptors ApoER2 and VLDLR in developing mouse cerebral cortex”(poster)
第49回慶應ニューロサイエンス研究会、慶應義塾大学信濃町キャンパス、東京、2015年2月21日

 

林周宏、井上聖香、久保健一郎、仲嶋一範
“大脳新皮質形成におけるNck2の機能”(poster)
第49回慶應ニューロサイエンス研究会、慶應義塾大学信濃町キャンパス、東京、2015年2月21日

 

仲嶋一範
“動く細胞がつくる大脳皮質の構築機構”
メディカルイノベーションセンターセミナー
京都大学大学院医学研究科メディカルイノベーションセンター、京都(京都府)、2015年2月6日