top of page
Department of Anatomy
Keio University School of Medicine

​慶應義塾大学医学部 解剖学教室へようこそ!

進化の最高傑作とも言われる我々の脳は、どのようにして作られるのでしょうか?

とりわけ高次脳機能を担い、複雑なネットワークを持つ大脳皮質の形成過程は、どのように制御されているのでしょうか?

当研究室では、そのしくみを明らかにすることを目指して、次のテーマで研究を行なっています。

研究補助員(マウス飼育補助)を募集します

実験に用いるマウスの飼育補助等、実験補助スタッフとして主に飼育用ケージや水筒の洗浄、床敷の交換、飼育室の清掃など担って研究をサポートしていただきます。詳しくはこちらのリンク先をご覧ください。

細胞移動

プロジェクト

脳を構成する細胞は、

どのようにして

目的地へと正しく移動

していくのか?

層構造・回路形成

プロジェクト

目的地に到達した神経細胞は、いかなる制御を受けて

整然とした層構造やネット

ワークを形成していくのか?

細胞分化

プロジェクト

未成熟神経細胞は、

どのような制御を受けてそれぞれ適切な種類の神経細胞に正しく分化・成熟するのか?

発生障害機構

プロジェクト

発生過程の擾乱は、

脳の形成や機能に

どのようなメカニズムで影響を与えるのか?

最新の業績のお知らせ:

2024年6月28日

ヒトで見つかったReelin遺伝子の変異が脳形成異常を引き起こすしくみを報告した多国間国際共同研究の論文が受理されました。学部生だった林光太郎君のデータも含まれています。

De novo monoallelic Reelin missense variants act in a dominant-negative manner causing Neuronal Migration Disorders.

Martina Riva, Sofia Ferreira, Kotaro Hayashi, Yoann Saillour, Vera P. Medvedeva, Takao Honda, Kanehiro Hayashi, Claire Altersitz, Shahad Albadri, Marion Rosello, Julie Dang, Malo Serafini, Frédéric Causeret, Olivia J. Henry, Charles-Joris Roux, Céline Bellesme, Elena Freri, Dragana Josifova, Elena Parrini, Renzo Guerrini, Filippo Del Bene*, Kazunori Nakajima*, Nadia Bahi-Buisson*, and Alessandra Pierani 

(*: Filippo Del Bene, Kazunori Nakajima, and Nadia Bahi-Buisson contributed equally to this work)

J Clin Invest. 2024 Jul 9:e153097. 

doi: 10.1172/JCI153097. Online ahead of print.

PMID: 38980724

2024年5月1日

胎生期の脳には母体由来の免疫グロブリンIgGが沈着しており、生後の大脳皮質抑制性ニューロンの生存維持に重要な役割を持っていることを見出した論文が受理されました。

Maternal immunoglobulins are distributed in the offspring’s brain to support the maintenance of cortical interneurons in the postnatal period.

Keiko Morimoto, Rikuo Takahashi, Goro Takahashi, Michio Miyajima, and Kazunori Nakajima

Inflamm. Regen., 44, article number 24 (2024).

doi: 10.1186/s41232-024-00336-3

2024年3月8日

マウスの脳スライスで神経細胞やグリア前駆細胞たちの挙動をイメージングする技術について、手技動画を含めて詳細なプロトコールを報告しました。

Time-lapse imaging of migrating neurons and glial progenitors in embryonic mouse brain slices.

Hidenori Tabata*, Koh-ichi Nagata, and Kazunori Nakajima*

J. Vis. Exp., 205, e66631 (2024). 

doi: 10.3791/66631 

2023年7月20

アストロサイト前駆細胞の移動様式変換を制御するしくみについて、様々な観点から議論しています。

Migratory mode transition of astrocyte progenitors in the cerebral cortex: an intrinsic or extrinsic cell process?

Michio Miyajima*, Hidenori Tabata, and Kazunori Nakajima*

Neural Regen. Res., 19 (3), 471-472 (2024).

<originally published on July 20, 2023>

doi: 10.4103/1673-5374.380886

2023年3月15日

脳の発生過程には、Reelinシグナル下流分子であるDab1への依存度が高い現象と、低いものの依存はしている現象とがあることを見出した論文が受理されました。

Heterozygous Dab1 null mutation disrupts neocortical and hippocampal development.

Takao Honda, Yuki Hirota, and Kazunori Nakajima

eNeuro, 10 (4), 0433-22.2023 1-24 (2023).

Featured on the journal’s homepage carousel.

Featured in “Snapshots in Neuroscience” on the eNeuro blog

Selected as “Featured Research” and on the Journal’s Twitter account.

(https://twitter.com/SfNJournals/status/1678746483124740103)

doi: 10.1523/ENEURO.0433-22.2023

https://blog.eneuro.org/2023/07/snapshots_cerebral_neocortex

2022年12月11日

医学部6年生が単独筆頭著者になっている論文がJ.Neurosci.に受理されました ​。「プレスリリース」

A unique “reversed” migration of neurons in the developing claustrum.

Kota Oshima, Satoshi Yoshinaga, Ayako Kitazawa, Yuki Hirota, Kazunori Nakajima*, and Ken-ichiro Kubo*. 

J. Neurosci.2023, 43(5)693-708

https://www.jneurosci.org/content/jneuro/43/5/693.full.pdf

(K. Nakajima and K. Kubo are the corresponding authors)

Featured in “Featured Research” and on the Journal’s Twitter account.

doi: 10.1523/JNEUROSCI.0704-22.2022

2022年11月23日

ソニックヘッジホッグが大脳皮質神経細胞の分化を間接的に促進することを報告した論文が受理されました。

Activation of sonic hedgehog signaling promotes differentiation of cortical layer 4 neurons via regulation of their cell positioning.

Koji Oishi, Kazunori Nakajima, and Jun Motoyama

J. Dev. Biol. 2022, 10(4),50;

doi.org/10.3390/jdb10040050

アンカー 1
bottom of page