Nakajima Lab

Department of Anatomy

Keio University School of Medicine

35 Shinanomachi, Shinjuku-ku, Tokyo

160-8582, Japan

Tel +81-3-5363-3743    Fax +81-3-5379-1977

© 2017 by Y.M.

​慶應義塾大学医学部 解剖学教室へようこそ!

進化の最高傑作とも言われる我々の脳は、どのようにして作られるのでしょうか?

とりわけ高次脳機能を担い、複雑なネットワークを持つ大脳皮質の形成過程は、どのように制御されているのでしょうか?

当研究室では、そのしくみを明らかにすることを目指して、次のテーマで研究を行なっています。

1.22.2019

博士課程の井上聖香さんの論文が発行になりました!

Seika Inoue, Kanehiro Hayashi, Kyota Fujita, Kazuhiko Tagawa, Hitoshi Okazawa, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima

J. Neurosci., 39(4):678-691 (2019). 
doi:10.1523/JNEUROSCI.1634-18.2018

8.5.2018

Reelinに関する最新の総説がオンラインで公開になりました。

Kanehiro Hayashi, Seika Inoue, and Kazunori Nakajima

Encyclopedia of Signaling Molecules (Sangdun Choi, ed.), Springer, New York, NY.

doi.org/10.1007/978-1-4614-6438-9_101808-1  (2018). 

3.12.2018

ヒトの脳は、何が特別なのか?

国立科学博物館の特別展で紹介された論文です。

吉永怜史、仲嶋一範

特別展「人体-神秘への挑戦」

NHK・NHKプロモーション・朝日新聞社

172-176 (2018).

12.14.2017

廣田先生の論文が発行されました。

Yuki Hirota, Ken-ichiro Kubo, Takahiro Fujino, Tokuo T. Yamamoto, and Kazunori Nakajima

Cereb. Cortex, 28 (1), 223-235 (2018). (Adopted for the journal cover illustration)

11.28.2017

Subtype specification of cerebral cortical neurons in their immature stages.

神経細胞の特異的分化に関する総説が発行されました。

Koji Oishi and Kazunori Nakajima

Neurochem. Res., 43 (1), 238-244 (2018).

8.22.2017

神経細胞の移動停止機構に関する学術論文が発行されました。

Kei-ichi Katayama, Kanehiro Hayashi, Seika Inoue, Kazushige Sakaguchi, and Kazunori Nakajima

Brain Struct. Funct., 222 (9), 4283-4291 (2017).

5.18.2017

Association of impaired neuronal migration with cognitive deficits in extremely preterm infants.

胎生期の虚血が生後の認知機能障害の発症リスクを高めることをその機序を含めて明らかにした論文が、JCI Insightで発行されました。図表が合計33個にもなる大作です。5月18日(木)にプレスリリース配信されました。

Ken-ichiro Kubo, Kimiko Deguchi, Taku Nagai, Yukiko Ito, Keitaro Yoshida, Toshihiro Endo, Seico Benner, Wei Shan, Ayako Kitazawa, Michihiko Aramaki, Kazuhiro Ishii, Minkyung Shin, Yuki Matsunaga, Kanehiro Hayashi, Masaki Kakeyama, Chiharu Tohyama, Kenji F. Tanaka, Kohichi Tanaka, Sachio Takashima, Masahiro Nakayama, Masayuki Itoh, Yukio Hirata, Barbara Antalffy, Dawna D. Armstrong, Kiyofumi Yamada, Ken Inoue, and Kazunori Nakajima. JCI Insight, 2 (10), e88609 (2017).  (K. Kubo and K. Deguchi are co-first authors) DOI:10.1172/jci.insight.88609.

4.4.2017

A crossroad of neuronal diversity to build circuitry. (Perspective)

Please reload

第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会 合同年会は、皆様のご支援により盛会のうちに終了しました 詳細

会期:2018年9月6日(木)〜 8日(土)
会場:神戸国際会議場
大会長:神庭重信 (日本生物学的精神医学会・九州大学大学院医学研究院)

大会長:仲嶋一範 (日本神経化学会・ 慶應義塾大学医学部解剖学)